明けましておめでとうございます。|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

明けましておめでとうございます。

投稿日:2018年1月5日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。院長の内田です。

ブログの更新が随分と滞ってしまいました。

申し訳ありません。

 

言い訳としては、論文を書いていました。

内容的には非常に稀な症状の方の治療方法についてです。

年末に投稿も終わりまして、今は提出先からの連絡待ちです。

また、論文が掲載されましたらご紹介いたします。

 

ここで医療系の論文について少し紹介したいと思います。

医療系の論文は大きく分けて、臨床系と基礎系に分かれます。

臨床系の論文は、実際に患者さんを治した治療方法などを報告したもの。

基礎系の論文は、実験などで新たに発見された事を報告したものです。

 

私はこれまで基礎系の論文ばかりで、臨床系の論文は書いていませんでした。

実際のところ、あまり臨床系の論文を書くことに興味が無かったのです。

恥ずかしながら自分が治した患者さんのことを報告することが、自画自賛しているように思ってしまっていたんですね。

 

しかしあるとき友人が目を覚まさせてくれました。

友人曰く「どんなに難しい患者さんを治しても、伝えなきゃこれからの人が育たない!」

 

私はまだまだ若輩者ですが、これまで治療させていただいた患者様の症例数は少なくはありません。

そして印象に残っている患者様も数多くいらっしゃいます。

そういった方々の治療内容について今後も機会を作って論文にし、報告すべきだなと改めて思った年末でした。

 

稀な症例、難治症例についてもご相談を承っております。港区で矯正歯科をお探しの方はUC矯正歯科クリニック麻布十番へご連絡ください。無料相談、セカンドオピニオンも承っております。

トップへ戻る