子どもの八重歯・叢生の矯正治療例|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

子どもの八重歯・叢生の矯正治療例

子どもの八重歯・叢生の症状について

子どもの八重歯・叢生の治療例

叢生(そうせい)とは、歯並びが凸凹として全体的に乱れた生え方になっている症状のことです。八重歯も叢生の中に含まれるのが一般的です。歯磨きが難しくなるため、虫歯になりやすいなどの特徴もあります。原因としては、主に次の4つが想定されます。

「遺伝的な要因」や「生え変わりプロセスの問題」については具体的に対応するのは困難ですが、たとえば「噛むことの習慣」や「鼻炎などによる口呼吸習慣」については、それを緩和していくことも必要です。通常口を閉じて鼻で呼吸をしていると、舌が上の顎に接触しています。これにより舌の形に沿って顎骨が成長していきます。ところが口呼吸になってしまうと、顎骨と舌が接触している時間が相対的に減少してしまうため、顎の発育が十分に促されなくなってしまいます。

よって、お子さまの凸凹とした乱れた歯並びについては、矯正と同時に「正しく噛む習慣」や「呼吸面への配慮」について、保護者の側で意識しながら治療を進めていただくことも大切です。

子どもの八重歯・叢生の治療期間

年齢層:小学中学年~高学年

子どもの八重歯・叢生の矯正治療例(Before&After)と解説

①子どもの八重歯・叢生の矯正治療例(8歳男児・治療期間8ヶ月)

子どもの八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 8歳男児
治療期間 8ヶ月
抜歯 乳歯
治療費 40万円
備考 歯磨きの状況、矯正装置の使用状況悪い。

小学生の男児です。歯並びが悪いことを親御さんが気にされて来院されました。初診時の口の中は歯磨きが悪く、むし歯も同年代の子達と比べると多い状況でした。分析の結果、歯の本数に対してあごの骨の大きさが小さいことが分かりました。そこで上下の歯に取り外しの出来る矯正装置を使用して治療することにしました。しかしながら患者さんは装置をなかなか使用してくれませんでした。

取り外しの出来る矯正装置は、取り外せるので歯磨きや食事の際わずらわしい思いをすることはありませんが、患者さん本人が使用して頂けないと治りません。患者さんには来院の度に歯磨き指導をさせて頂いたので、歯磨きは上達しました。しかしながら矯正装置の使用状況は悪いままでした。そこで矯正装置を固定式のものに変更することにしました。結果的に上下のあごの骨を大きくすることが出来、歯並びも初診時と比べ改善しました。

②子どもの八重歯・叢生の矯正治療例(9歳男児・治療期間5ヶ月)

子どもの八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 9歳男児
治療期間 5ヶ月
抜歯 なし
治療費 40万円
備考 ワイヤー破折

小学生の男児です。前歯が曲がってはえてきてしまっていることを親御さんが気にされて来院されました。分析をした結果、治療方針として曲がってしまっている前歯を固定式の矯正装置で治すことにしました。子ども矯正で固定式の装置を使うことは、問題が生じることが多いのですが、今回はまさに問題が多かったケースです。今回の固定式の装置は、歯につけるブラケットと、ワイヤーを用いて歯を動かしていきます。子ども矯正で固定式の装置を使う上で最も気を付けたいのがむし歯です。

幸いにも患者さん、親御さんの協力もあり、むし歯になることはありませんでした。もうひとつ気を付けたいのが、固定式の矯正装置が外れてしまうことです。しかしながらこちらの患者さんは来院の際、毎回ワイヤーが折れていました。ブラケットが外れたり、ワイヤーが折れたりすると、歯は動いてくれません。それでもなんとか毎回立て直し、曲がってしまっていた前歯を治すことが出来ました。

③子どもの八重歯・叢生の矯正治療例(10歳女児・治療期間10ヶ月)

子どもの八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 10歳女児
治療期間 10ヶ月
抜歯 なし
治療費 40万円

小学生の女児です。右下の奥歯が倒れていることを近くの歯医者さんで指摘され来院されました。分析の結果、倒れている奥歯は、ひとつ手前の歯に引っかかってしまっていることが原因だと分かりました。このままでは歯がはえて伸びてくるにつれてどんどん倒れていき、最終的には歯を抜かざるを得ない状況になっていたと思います。そこで治療方針として固定式の矯正装置を使って、立て直すことにしました。結果的に奥歯を立て直すことが出来、しっかり咬めるようにすることが出来ました。

今回は幸いなことに早い段階で近くに歯医者さんが紹介してくださったので、最悪の状況は免れました。矯正治療は専門性が高く、歯科医師としては知識、経験が豊富な方でも矯正治療の知識に関してだけは、分からないことが多いと感じてらっしゃる方は非常に多いのが現状です。歯並び、咬み合わせでご心配の方は是非とも矯正歯科専門の歯科医師を受診して頂けますようお願い致します。

治療前

治療前

治療後

治療後

UC矯正歯科クリニック麻布十番院長の内田が実際に行った、子どもの八重歯・叢生症例のその他の治療例はこちらからご覧ください。

子どもの八重歯・叢生症例ページ

麻布で子どもの八重歯・叢生の矯正治療をお考えの方は無料相談へ

子どもの八重歯・叢生の矯正治療歯科

UC矯正歯科クリニック麻布十番では、矯正歯科界のトップ1%未満に属する矯正治療指導医が子どもの八重歯・叢生の矯正治療を担当します。また、歯並び無料相談・セカンドオピニオンも実施しておりますので、麻布で子どもの八重歯・叢生治療をお考えの方はぜひお気軽に当院までお電話いただくか、またはメール相談(写メ相談)をお送りください。

子どもの八重歯・叢生治療実績豊富な矯正歯科専門医が、あなたの笑顔をより素晴らしいものにするお手伝いをさせていただきます。

トップへ戻る