スピード矯正|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

スピード矯正

最短半年を可能にするスピード矯正!通常の半分以下の期間も可能!

スピード矯正

通常の矯正装置を使用する場合、1年半~3年程度の矯正期間が一般的です。スピード矯正治療では、これを早くて半年程度、遅くても1年程度にまで短縮することができます。各患者さまのお口環境などにより個人差はありますが、4分の1程度~半分程度の所要期間となるため、非常に魅力的な矯正治療法と言えます。

スピード矯正治療に用いられる4つの治療法

スピード矯正治療は、患者さまの歯列環境に合わせて従来の矯正治療法や外科手術を複合的に組み合わせ、短期間での治療を可能とするものです。通常取られる「マウスピース型の矯正法」やブラケットに軸おいて組み合わせた「マルチブラケット法(表側矯正や裏側矯正など)」の治療期間に比べ、スピード矯正治療では圧倒的な短期間治療が可能となります。

具体的には、「インプラント矯正」「コルチコトミー法」「ヘミオステオトミー・コルチコトミー法」「オステオトミー法」などが取り入れられ、患者さまのご希望の治療期間が考慮されて治療方針が決定されます。

① インプラント矯正

インプラント矯正『インプラント矯正」では、骨ネジ型のインプラントを一時的に歯槽骨に埋め込み、そこを軸にして大きく移動させることができるものです。

固定源が「動き得る歯」ではなく、しっかりとした軸「顎骨」にあるため、アンカーとしての役割を存分に発揮でき、通常の矯正法と比較してより大きく歯を動かすことが可能となります。
※イラストは骨ネジ型のインプラントの例

② コルチコトミー法(歯槽骨皮質骨切術)

コルチコトミー法コルチコトミー法(歯槽骨皮質骨切除術)とは、歯を支えている顎骨の歯槽骨の表層部分「皮質骨」を一部除去して、歯の動く範囲を広げたり、動く際の抵抗を減らす施術法です。

「切った骨は回復時に前の骨よりも強くなる」という性質がありますので、術後には歯槽骨が強くなり矯正治療後の後戻り防止処置(リテーナ-の装着)に要する期間を短くしたり、後戻り確率自体を軽減する効果があります。

また、矯正治療のリスクとして知られる「歯根吸収(歯の根っこ部分が短くなってしまう症状)」や、「歯肉退縮(歯茎が痩せ細ってしまう症状)」なども軽減できます。
(手術時間の目安:約1時間)

③ ヘミオステオトミー・コルチコトミー法

ヘミオステオトミー・コルチコトミー法ヘミオステオトミー・コルチコトミー法とは、コルチコトミー法をさらに発展させた施術法になります。コルチコトミー法で切除した歯槽骨の表層「皮質骨」のさらに内部の「海綿骨」にヒビを入れ、歯が動きやすい環境下で矯正装置を使用する矯正法になります。

コルチコトミー法よりもさらに骨の可動域が広がり、骨の復元力の力もより大きく利用することができるため、矯正治療機関の大きな短縮につながります。

インプラント矯正と併用されることも多く、治療期間を4分の1から半分程度にまで短くすることができます。
(手術時間の目安:約1時間半)

④ オステオトミー法(歯槽骨切術)

オステオトミー法オステオトミー法(歯槽骨切術)は、歯槽骨そのものを手術し顎骨の土台から動かす施術法になります。ヘミオステオトミー・コルチコトミー法が適応できないような症例に用いられることがあるもので、治療期間をできるだけ短くしたいという希望患者さまにも適しています。

施術方法は複数ございますが、患者さまの症状とご要望、目指すべき目標点を考慮して最善のものをご提案いたします。
(手術時間の目安:約2時間)

スピード矯正治療のメリットとデメリット

メリットとデメリット

このように、スピード矯正治療を願う事情は十人十色ですが、デメリットもございますので適切な判断と正しい理解のもとに治療を進めていく必要があります。

スピード矯正(短期間矯正治療)の利点

  • 矯正治療期間を大幅に短縮できる
  • 抜歯を回避できる確率が高まる
  • 歯根吸収や歯肉退縮、後戻りリスクを軽減させることができる

スピード矯正(短期間矯正治療)の留意点

  • 外科処置を必要とする
  • スピード矯正治療の対応歯科医院自体が少ない
  • 通常の矯正治療よりも費用が高額になる

スピード矯正治療の制限は?(年齢や妊娠などの諸条件)

制限従来的な成人矯正の条件と同様で、年齢的な制限や問題は特にございません。妊娠中でも受けることは可能ですが、安定期以前の妊娠初期ではレントゲン撮影や麻酔を控えて治療しなければなりません。

このため、妊娠中の方がスピード矯正治療をご希望される場合、また治療期間中に妊娠のご予定がある場合は必ず事前にその旨をお伝えください。

スピード矯正の治療例(Before&After)と解説

①短期間スピード矯正の治療例(Before&After)と解説

短期間スピード矯正の治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 1年9ヶ月(通常2年9ヶ月かかるのを1年間短縮矯正治療)
抜歯 なし(スピード矯正矯正でない通常矯正の場合:上下左右1本ずつ)
治療費 80万
備考 インプラント矯正

20代の女性です。上の前歯がずれていることと、下の前歯の並びが悪いことを気にされて来院されました。分析の結果上の歯が全体的に前に出てしまっていることが分かりました。前歯が前方でている場合は通常歯を抜いて少しずつ前歯を後方に下げていくのですが、今回はインプラントを使用したので歯も抜かずに、治療期間も1年程度短縮出来たと思われます。

②短期間スピード矯正の治療例(Before&After)と解説

短期間スピード矯正の治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 1年6ヶ月(通常2年6ヶ月かかるのを1年間短縮矯正治療)
抜歯 なし(スピード矯正矯正でない通常矯正の場合:上左右1本ずつ)
治療費 80万
備考 非抜歯矯正、インプラント矯正

20代の女性です。上の前歯がずれていることと、下の前歯の並びが悪いことを気にされて来院されました。分析の結果上の歯が全体的に前に出てしまっていることが分かりました。前歯が前方でている場合は通常歯を抜いて少しずつ前歯を後方に下げていくのですが、今回はインプラントを使用したので歯も抜かずに、治療期間も1年程度短縮出来たと思われます。

③短期間スピード矯正の治療例(Before&After)と解説

短期間スピード矯正の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 1年7ヶ月(通常3年かかるのを1年5ヶ月間短縮矯正治療)
抜歯 なし(スピード矯正矯正でない通常矯正の場合:上下左右1本ずつ)
治療費 80万
備考 インプラント矯正

大学生の女性です。咬み合わせが悪いことを気にされて来院されました。分析の結果、上アゴと下アゴのバランスに若干問題がありました。通常では上下左右の歯を1本ずつ抜歯して治療を行なうことになりますが、矯正用インプラントを使用することで、抜歯せずに治療でき、治療期間も1年半程度短縮出来たと思われます。

麻布でスピード矯正治療をお考えの方はぜひ無料相談へ

スピード矯正治療歯科

UC矯正歯科クリニック麻布十番では、矯正歯科界のトップ1%未満に属する矯正治療指導医がスピード矯正治療を担当します。また、歯並び無料相談・セカンドオピニオンも実施しておりますので、麻布でスピード矯正治療をお考えの方はぜひお気軽に当院までお電話いただくか、またはメール相談(写メ相談)をお送りください。

スピード矯正治療実績豊富な矯正歯科専門医が、あなたの笑顔をより素晴らしいものにするお手伝いをさせていただきます。

トップへ戻る