すきっ歯の歯科矯正治療例|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

すきっ歯の歯科矯正治療例

すきっ歯(空隙歯列)の症状について

すきっ歯の治療例

すきっ歯は歯科での専門用語で「空隙歯列(くうげきしれつ)」と言います。症状としては食べ物が挟まりやすいことや歯の動揺などありますが、患者様の最も多い訴えとしては審美障害が挙げられます。また空隙歯列はその経過によって歯周病などの問題を抱えている場合があるので注意が必要です。

すきっ歯の原因

すきっ歯すきっ歯は原因として、歯の本数が足りない、骨の中に余分な歯(過剰歯)が埋まっている、歯が萌えてきていない、歯ぐきにあるスジ(小帯)が長い、などの他に歯周病によって歯が移動することで隙間が開いてきてしまうことがあります。

この場合、歯は噛むたびに揺さぶられるので、隙間は時間と共に大きく開いていき、やがて歯が早期に抜け落ちてしまう可能性もあります。また反対にすきっ歯のために歯周病の進行を早めるケースもあります。

すきっ歯の歯は、抜け落ち安い?

歯は通常、隣の歯と寄り添うことにより、噛む力が隣の歯に分散することで、力を受け流しています。それがすきっ歯の方は、寄り添う歯が無いので、単独で噛む力を受け止めなければなりません。すると歯は過剰な力により揺さぶられてしまいます。この状態を「咬合性外傷」と呼びます。

咬合性外傷を伴った歯は、釘を抜く際に揺さぶってからの方が抜きやすいのと同様に、抜け落ちやすい状況となっています。この状態の歯が歯周病にかかってしまうと、進行が早く、簡単に歯が抜け落ちてしまうのです。また舌の悪習癖によって隙間が開いてしまうこともあります。

すきっ歯の見た目の問題

また、すきっ歯は審美障害で治療を希望される方も非常に多いケースです。特に上の歯の正中部の隙間が気になる方が多いです。近年アメリカなどでは正中部に隙間があることが個性であるとか、魅力的に映ることもあるようですが、多くの場合、治療を施した方が口元の印象は改善します。

すきっ歯の治療前

すきっ歯の治療前

すきっ歯の治療後

すきっ歯の治療後

すきっ歯の治療の基本

上顎前突の治療すきっ歯(空隙歯列)の治療の基本は、まずは空隙の原因の特定から始めます。

骨の中に過剰歯が埋まっている場合や、萌えるべき歯がまだ萌えてきていない場合、小帯が長い場合などは外科処置が必要になります。

また歯周病が原因の場合には、歯周病治療を行なう歯科医師と連携しながら矯正治療を始める時期も含めて検討していかなければなりません。

また舌の悪習癖が原因の場合には、筋機能療法を行いつつ、矯正治療を進めていきます。外科的に原因が除去出来てからは、通常の矯正治療となります。

すきっ歯の治療期間

空隙歯列の治療では、抜歯をすることが比較的少ないので、治療期間も比較的短くおよそ1~1.5年程度になります。保定に関しては、正中の空隙は再発が多いことが報告されているので、固定式の保定装置を併用し、後戻りを防ぎます。

すきっ歯(空隙歯列)の矯正治療例(Before&After)と解説

①すきっ歯(空隙歯列)の矯正治療例(10代女性・治療期間1年5ヶ月)

すきっ歯の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 1年5ヶ月
抜歯 上の左右1本ずつ
治療費 80万円
備考 海外留学前

大学生の女性です。歯並びが悪いことを気にされて来院されました。治療方針として骨の中に埋まっている歯を含め上の歯を左右1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。大学でトルコ語を勉強されており、治療中に留学することになったので、時間制限がある中で治療を継続しました。患者さんの協力もあり、無事留学前に矯正治療を終えることが出来ました。治療後はきれいな歯並び、良好な咬み合わせになりました。

②すきっ歯(空隙歯列)の矯正治療例(10代女性・治療期間9ヶ月)

すきっ歯の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 9ヶ月
抜歯 なし
治療費 80万円
備考 インビザライン

大学生の女性です。前歯の隙間を気にされて来院されました。矯正治療は取り外しの出来る矯正装置(インビザライン)を使用して行いました。患者さんの装置の使用状況が良かったので来院の間隔は3カ月に1回程度でも十分治ってきました。治療後はきれいな歯並び、良好な咬み合わせになりました。

③すきっ歯(空隙歯列)の矯正治療例(10代女性・治療期間1年8ヶ月)

すきっ歯の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 1年8ヶ月
抜歯 上の左右1本ずつ
治療費 80万円

10代の女子です。前歯が出ていることと隙間を気にされて来院されました。治療方針として上の歯を左右1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。治療中、どんどん隙間が閉じていくこと、前歯が後ろに下がっていくことに患者さんだけでなく、患者さんの母親も驚いてらっしゃいました。治療後はきれいな歯並び、良好な咬み合わせになりました。

治療前

治療前

治療後

治療後

UC矯正歯科クリニック麻布十番院長の内田が実際に行った、大人のすきっ歯症例のその他の治療例はこちらからご覧ください。

大人のすきっ歯症例ページ

麻布ですきっ歯(空隙歯列)治療をお考えの方はぜひ無料相談へ

すきっ歯(空隙歯列)治療歯科

UC矯正歯科クリニック麻布十番では、矯正歯科界のトップ1%未満に属する矯正治療指導医がすきっ歯(空隙歯列)治療を担当します。また、歯並び無料相談・セカンドオピニオンも実施しておりますので、麻布ですきっ歯(空隙歯列)治療をお考えの方はぜひお気軽に当院までお電話いただくか、またはメール相談(写メ相談)をお送りください。

すきっ歯(空隙歯列)治療実績豊富な矯正歯科専門医が、あなたの笑顔をより素晴らしいものにするお手伝いをさせていただきます。

トップへ戻る