開咬の歯科矯正治療例|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

開咬の歯科矯正治療例

開咬(前歯が開く)の症状について

開咬(前歯が開く)の治療例

開咬(かいこう)という表現はあまり耳慣れないものだとは思いますが、不正歯列の中では比較的代表的な症状として知られています。奥歯が噛み合ったときに前歯の上下が接触せずに、前歯上下間で隙間が見られるような症状です。

このような典型症状のほかにも、前歯が噛んでるときに、小臼歯部分を中心とした奥歯が噛んでいない症状も開咬に含められます。周りに意識されやすいのは、サ行やタ行などの発音で息が漏れたような不鮮明な音になってしまう点です。

また、しっかりと食べられない咀嚼効率の悪さについては、自覚していることが多いのも特徴的です。一般的に不正歯列は遺伝的な要因によって生じることが多いものですが、この開咬に関しては後天的な要因でこのような歯列に至りやすいということも知られています。

開咬(前歯が開く)の治療期間

矯正治療期間の目安:約1年~2年半(月に1回程度の通院)

開咬(前歯が開く)の矯正治療例(Before&After)と解説

①開咬(前歯が開く)の矯正治療例(30代女性・治療期間2年2ヶ月)

開咬(前歯が開く)の治療例

年齢・性別 30歳代女性
治療期間 2年2ヶ月
抜歯 上の左右1本ずつ
治療費 80万円

30代の女性です。前歯が開いていることが気になって来院されました。状況としては前歯で咬むことが出来ず、常に奥歯で咬まなければならないので、このままでは奥歯を使い過ぎて早い時期に奥歯が抜けてしまう可能性が高い状況です。既に右下の奥歯は、歯が失われた状況でした。

分析の結果、上の歯を左右1本ずつ抜かせて頂いて治療しました。治療後は前歯でしっかり咬めるようになり良好な咬み合わせを得ることが出来ました。患者さんは前歯で麺が咬み切れること、また喋りやすくなったことを喜んでいらっしゃいました。

②開咬(前歯が開く)の矯正治療例(20代女性・治療期間3年7ヶ月)

開咬(前歯が開く)の治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 3年7ヶ月
抜歯 なし
治療費 80万円
備考 インプラント矯正、舌の悪いクセ

20代の女性です。前歯で咬めないことを気になさって来院されました。分析の結果、上下のアゴの骨が若干歪んでバランスが悪いことと、上下の歯が前方に突出していることが分かりました。また、前方で咬めない方に良くみられることなのですが、飲み込む際に舌の動かし方に問題がありました。治療方針として歯は抜かずに矯正用インプラントを使用して全体的に歯を後方へ移動させることにしました。また患者さんには舌のトレーニングもしていただきました。治療後は前歯でしっかり咬めるようになり良好な咬み合わせを得ることが出来ました。

③開咬(前歯が開く)の矯正治療例(20代男性・治療期間2年1ヶ月)

開咬(前歯が開く)の治療例

年齢・性別 20代男性
治療期間 2年1ヶ月
抜歯 なし
治療費 80万円
備考 舌の悪いクセ

20代の男性です。前歯で咬めないことを気になさって来院されました。分析の結果、骨や歯には大きな問題は見られませんでしたが、飲み込む際に舌の動かし方に問題がありました。治療方針として歯は抜かずに矯正治療を行ないました。また患者さんには舌のトレーニングもしていただきました。治療後は前歯でしっかり咬めるようになり良好な咬み合わせを得ることが出来ました。

治療前

治療前

治療後

治療後

UC矯正歯科クリニック麻布十番院長の内田が実際に行った、大人の開咬症例のその他の治療例はこちらからご覧ください。

大人の開咬症例ページ

麻布で開咬(前歯が開く)治療をお考えの方はぜひ無料相談へ

過開咬(前歯が開く)治療歯科

UC矯正歯科クリニック麻布十番では、矯正歯科界のトップ1%未満に属する矯正治療指導医が開咬(前歯が開く)治療を担当します。また、歯並び無料相談・セカンドオピニオンも実施しておりますので、麻布で開咬(前歯が開く)治療をお考えの方はぜひお気軽に当院までお電話いただくか、またはメール相談(写メ相談)をお送りください。

開咬(前歯が開く)治療実績豊富な矯正歯科専門医が、あなたの笑顔をより素晴らしいものにするお手伝いをさせていただきます。

トップへ戻る