受け口の歯科矯正治療例|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

受け口の歯科矯正治療例

受け口(アゴが出る・下顎前突)の症状について

受け口(アゴが出る・下顎前突)の治療例

受け口は、歯科での専門用語として「下顎前突」や「反対咬合」と呼ばれています。症状としては食事がしにくい、滑舌が悪い、顎関節が痛いなどの機能障害や、見た目が気になるなどの審美障害が挙げれらます。また反対咬合の原因として、「機能的」な問題がある場合と、「骨格的」な問題がある場合とでは治療方針が変わるので、診断には注意が必要です。

反対咬合は食事がしにくい

食事反対咬合の方は、前歯の咬み合わせが上下逆になっているため、前歯で噛み切る動作がしにくい状況です。そのため奥歯の使用頻度が高まります。

奥歯を酷使しているためか反対咬合の方は、年齢を重ねると、奥歯を失っているケースが多いといわれています。また前歯の咬み合わせによって「サ」行の音が発音しにくい状態となっています。また反対咬合の方の多くは舌の悪習癖を伴っているので、それも相まって滑舌が悪くなります。

反対咬合は顎関節症になりやすい

顎関節症反対咬合の中で比較的症状の軽いものは前歯で噛むことが出来る状態です。「前歯で噛んだ時には奥歯では噛めない。奥歯で噛めないと食事が出来ないので噛んだ状況では反対咬合になってしまう。」こういった方の反対咬合の原因の多くは、アゴがズレてしまっているから反対咬合となっているだけなので、本来的には反対咬合ではありません。

しかしながらそういった方の問題として、アゴをズラす、顎関節に負担のかかる状況で噛んでいるために、顎関節症のリスクが高いのです。

反対咬合の治療の基本

反対咬合は症状の程度によって、前歯で噛むと奥歯で噛めない方や、前歯では全く噛めない方までいらっしゃり、治療方法は主に症状毎に下記2つに分類されます。

機能的な反対咬合

前歯で噛むと奥歯で噛めなくなってしまう方は、「機能的な反対咬合」と呼ばれます。治療方針としては通常の矯正治療と変わりませんが、叢生や舌の悪習癖を伴っている場合が多く、治療期間としては1.5~2.5年程かかります。

骨格的な反対咬合・骨格性下顎前突

前歯では全く噛めない方は「骨格的な反対咬合」「骨格性下顎前突」の場合が多く、治療方針としては、矯正治療単独では改善が見込めないので、骨格的な反対咬合・骨格性下顎前突の場合の治療は、顎の骨の形態修正を伴った、外科矯正の手段をとる場合がほとんどです。

外科的矯正のメリット

などがあげられます。

外科的矯正のリスク

上記のようなもの挙げられます。そのため、社会人の方などで矯正を始めたいが、仕事が休めないということで、治療が出来ない方もいらっしゃいました。しかしながら、近年インプラントを使用したインプラント矯正が発達したことにより、以前よりも外科矯正でなければ治らないというケースは減りました。

反対咬合の治療前

反対咬合治療前のあご

反対咬合の治療後

反対咬合治療後のあご

 

こちらのケースも以前であれば外科矯正の適応になっていた方ですが、インプラント矯正により、反対咬合だけでなく、オトガイ部の突出感も改善することが出来ました。

反対咬合で外科処置を行った場合の治療期間

反対咬合を外科矯正で治療を行った場合、治療期間は手術前矯正、手術、手術後矯正と3ステージに渡って治療を施すために、1.5~3.5年程と、症状の状況によって大きく変わります。矯正治療後は保定装置を用いて歯並び、咬み合わせをキープします。

受け口(アゴが出る・下顎前突)の矯正治療例(Before&After)と解説

①受け口(下顎前突)の矯正治療例(20代女性・治療期間1年8ヶ月)

受け口(アゴが出る・下顎前突)の治療例

年齢・性別 20歳代女性
治療期間 1年8ヶ月
抜歯 なし
治療費 80万円
備考 IPRあり

20代の女性です。咬み合わせが悪いことを気にされて来院されました。状況としては前歯が部分的に逆の咬み合わせになってしまっており、下の歯が全体的に左側に流れてしまっていました。治療方針として歯は抜かずに全ての歯にブラケットと呼ばれる固定式の矯正装置を付けて矯正治療を行いました。患者さんには矯正用の輪ゴムをご自身でブラケットに引っ掛けて使用して頂くことで治療後はきれいな歯並び、良好な咬み合わせになりました。

②受け口(下顎前突)の矯正治療例(30代男性・治療期間2年6ヶ月)

受け口の治療例

年齢・性別 30代男性
治療期間 2年6ヶ月
抜歯 なし
治療費 80万円

30代の男性です。スポーツ時のケガで顎の骨を骨折し、咬み合わせがズレてしまったことを気にされて来院されました。治療方針として歯は抜かずに矯正治療を行いました。患者さんは遠方にお住まいで、通院に関しては苦労されてらっしゃいましたが、根気強く通って頂けました。治療後はきれいな歯並び、良好な咬み合わせになりました。。

③受け口(下顎前突)の矯正治療例(20代男性・治療期間1年5ヶ月)

受け口の治療例

年齢・性別 20代男性
治療期間 1年5ヶ月
抜歯 なし
治療費 80万円

大学生の男性です。前歯が逆になっていることを気にされて来院されました。患者さんは大学生ということもあり、就職活動に支障のないように治療は早く終わりにしたいとの要望がありました。治療方針として全ての歯に矯正装置を付け、抜歯はしないで矯正治療を行いました。治療後はきれいな歯並び、良好な咬み合わせになりました。

治療前

治療前

治療後

治療後

UC矯正歯科クリニック麻布十番院長の内田が実際に行った、大人の受け口症例のその他の治療例はこちらからご覧ください。

大人の受け口症例ページ

麻布で受け口治療をお考えの方はぜひ無料相談へ

受け口(アゴが出る・下顎前突)治療歯科

UC矯正歯科クリニック麻布十番では、矯正歯科界のトップ1%未満に属する矯正治療指導医が受け口(アゴが出る・下顎前突)治療を担当します。また、歯並び無料相談・セカンドオピニオンも実施しておりますので、麻布で受け口(アゴが出る・下顎前突)治療をお考えの方はぜひお気軽に当院までお電話いただくか、またはメール相談(写メ相談)をお送りください。

受け口(アゴが出る・下顎前突)治療実績豊富な矯正歯科専門医が、あなたの笑顔をより素晴らしいものにするお手伝いをさせていただきます。

トップへ戻る