小児矯正治療|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

小児矯正治療

子どもの矯正(治療法や治療期間、開始時期など)

子どもの矯正治療の考え方は大人の矯正とは違う

治療期間

お子さまの矯正治療の目的は、良い歯並びになるための軌道修正です。子どもの歯を綺麗に並べても、やがて大人の歯に萌え変わってしまいますし、子どもの歯を綺麗に並べても、大人の歯が綺麗に並ぶとは限りません。そこでお子さまの矯正治療の基本的な考え方としては、このまま矯正治療をしないと、どんどん悪い歯並び、悪い咬み合わせ、悪い顔立ちになってしまう状況を軌道修正して、良い歯並び、良い咬み合わせ、良い顔立ちになるように促すようにしています。

近隣小学校の患者様よりご相談いただいております

UC矯正歯科クリニック麻布十番では、南山小学校、東洋英和女学院小学部、麻布小学校、東町小学校、本村小学校、笄小学校、赤羽小学校など、近隣学校の患者様よりご相談いただいております。

お子様の歯並びでご不安をお持ちの方や、一度診断だけでも受けてみたいという方はぜひお気軽にご相談ください。

子供の矯正治療は期間限定

子供の矯正治療において矯正装置を使用するのは、良い軌道に戻すまでの期間となります。そして子どもの矯正治療でご理解いただきたいこととして、子ども矯正治療は期間限定であるということです。成長期の期間限定で行なえる治療ですので、その時期を逃してしまうと、治療をしても改善が見込めない、もしくは成人した後に手術を行なわなければ改善しないといったケースもあります。

小児矯正治療の来院頻度は1~3ヶ月に1回程度

良い軌道に乗るまでの来院頻度は1~3ヶ月に1回程度になります。良い軌道に乗っている状況では、矯正装置は積極的には使用しません。通院の頻度も半年~1年に1回程度の定期観察となります。定期観察の際に良い軌道から外れてしまっていた場合、再度分析など行い軌道修正するための計画を練っていきます。

また顔の成長発育は時期によって発育しやすい部位が違います。そこで発育しやすい時期を見計らって矯正装置を選んで使用していただいています。そのため、場合によっては問題があったとしても、定期観察を行ない、適切な時期から小児矯正を始める場合もあります。

子どもの不正咬合の原因

開始時期

お子さまの不正咬合の原因は大きく分けて、遺伝的要因、環境的要因の2つあります。

遺伝的な要因によるもの

下顎が大きな親御さんのお子さまは、親子で顔が似ることからも分かりますように、遺伝的に下顎が大きくなる傾向にあります。こちらは改善が非常に難しい問題です。顎骨などが小さいものを大きくすることは不可能ではありませんが、必要以上に大きくなってしまうものを小さくすることは出来ません。そのため将来的な手術などの治療を施さねばならない場合もあります。

環境的な要因によるもの

こちらは生活習慣や悪い習癖などが原因ということです。こちらの問題は治療開始時期が早い程、改善はスムーズに行える場合が多いです。しかしながら、ご家族や一般的な歯科診療所で問題をなかなか見分けることは非常に難しいので、我々のような専門家に診察を受診されることをおすすめいたします。

子どもの矯正治療の治療期間

お子さまの矯正治療の期間は開始時期によって変わってきますが、終了時期は概ね決まっています。口の中の変化としては子どもの歯が全て抜け、大人の歯に抜け替った時期です。また体の変化としては、第二次性徴後に身長の伸びが緩やかに変化した時期になります。

そのため長い方ですと5~6年。短い方ですと半年~1年程度で終わる場合もあります。

子どもの矯正治療の開始時期

小児の上顎前突の治療子どもの矯正治療の開始時期は早くて小学校低学年、遅くとも9歳頃までに開始した方が成果が出てきます。ただし、それよりも遅い時期から子ども矯正治療を開始したとしても、一定の成果は得られます。

しかしながら、良い軌道に戻すための手段が、よりお子さまにとって不便な矯正装置を使用する必要が出てきますので、早い時期にお子さまの歯並びなど気になりましたら、まずは無料の初診相談を受けていただければと思います。

また定期検診などで小児歯科や一般歯科などを受診されているお子さまも、担当医の矯正治療に対する知識が足りないために、時期を逃してしまったケースも過去にみられました。矯正治療は歯科治療の中では非常に特異な治療となりますので、全ての歯科医師が矯正治療の知識を共有出来ていないのが実情です。セカンドオピニオンとして我々専門家の意見を聞いていただくことで、そういったケースは少なくなっていくかと思います。

症状別(矯正Before&After)写真と解説

UC矯正歯科クリニック麻布十番院長のDr.内田が実際に治療した小児矯正の治療前後の写真と治療に関する解説を掲載しております。下記からご自身の症状に似た症状をクリックするとBefore&After(矯正前と矯正後)と治療法解説のページへジャンプします。

トップへ戻る