矯正治療中のむし歯治療|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

矯正治療中のむし歯治療

投稿日:2017年11月4日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

今回は矯正治療中のむし歯治療について書いていきたいと思います。

 

以前矯正治療中は、むしろむし歯になりやすい状況になるので、歯磨きだけでなく、フッ素の洗口剤を使っていただいて、むし歯を予防するといった内容を書きましたが、それでもむし歯を見つけたらどうするのか?

もちろんむし歯治療を行ないます!

ただし、むし歯になってしまった部位によっては矯正装置が付いていると治療がしにくいことも多々あります。

その際には一時的に矯正装置を外して、むし歯治療に専念していただきます。

そうすると多くの場合、矯正治療を中断しなければならないことも多く、結果的に治療期間が延びることになります。

 

またそれ以外にも、矯正治療をすることで歯が動き、隠れていたむし歯が見えるようになる場合もあります。

よくあるのが、歯と歯の間のむし歯です!

これを治すためには通常、健全な歯を削らなければむし歯の治療が出来ないために多く歯を削る必要がありますが、むし歯を直接見えるようすれば、健全な歯を削らずに触接むし歯治療をすることが出来ます。

そのため場合によってはむし歯の治療を後回しにすることもあります!

 

なるべく患者さんの健全な歯を残しつつ、口の中全体の治療を行なっていきたいと心がけております。港区で矯正歯科をお探しの方はUC矯正歯科クリニック麻布十番にご連絡ください。無料相談も承っております。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る