抜かない矯正 IPR|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

抜かない矯正 IPR

投稿日:2017年10月3日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

今回は抜かない矯正、IPRについて書いていきたいと思います。

 

IPRとはInterproximal Enamel Reductionの略で、歯の横幅を小さくする処置です。

IPRを行うことのメリットとしては、まず抜歯しなくて済むことがある。咬み合わせを調整するときの助けになることがある。歯ぐきがやせた状態を改善できるなど、多岐にわたります。

方法としては歯を小さくするために歯の表面のエナメル質と呼ばれる硬い部位を一層削ります。

歯を削ることで歯が悪くなるんじゃないかと心配される方もいらっしゃると思いますが、安心してください!

 

まず削る量に関してはエナメル質の3分の1程度です!

また削った後はフッ素を塗ることで歯の表面を強くします!

削る部位も、そもそもむし歯のリスクが低いところを選んで削ります!

 

過去の報告でもIPRが原因でむし歯になりやすくなったという結果は出ませんでした!

 

しかしながら削る量には限界があります!

 

患者さんが歯を抜きたくないからと言って、やみくもに歯を削ってしまうと、むし歯と同じ状況を作ってしまうこともあります!

 

IPR以外にも歯を抜かずに矯正治療は行えます。港区で矯正歯科をお探しの方はUC矯正歯科クリニック麻布十番へご連絡ください。

トップへ戻る