むし歯になりやすいところ|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

むし歯になりやすいところ

投稿日:2017年10月4日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

今回は前回IPRについて書かせていただいたので、その内容を深める意味でむし歯になりやすいところについて書いていきたいと思います。

 

前回IPRで削っても問題ないと述べました。

しかしながら削る量に限界はありますし、削る部位に関しても注意が必要です!

 

むし歯になりやすい部位があるのはご存知でしょうか?

 

一般的にむし歯になりやすいのは前歯よりも奥歯。前歯の場合は上の歯の方がむし歯になりやすいと言われています。

理由としては奥歯の方が、見えづらいし、歯ブラシも届きにくい。また形も複雑な形をしています。

また下の歯の方が、唾液で濡れやすいので、汚れが洗い流されやすいと言われています。

 

また歯と歯の間もむし歯になりやすい部位として知られています。

 

そこで思い出していただきたいのは、IPRで削るのはまさにこの歯と歯の間です。

そこを削ってしまって大丈夫なのでしょうか?

 

結論から言うと、大丈夫ですがしっかりデンタルフロス(糸ようじ)を使ってください!出来ればフッ素も!

 

やはり歯を削る部位によってはきちんと後処理が必要です。

 

治療法のメリット、デメリット、解決方法までしっかり説明させていただきます。港区で矯正歯科をお探しの方はUC矯正歯科クリニック麻布十番へご連絡ください。セカンドオピニオンも無料で承っております。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る