歯を残す治療方針|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

歯を残す治療方針

投稿日:2017年8月25日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

 

前回、歯を抜いても歯が残る理由について書かせていただきました。

イメージとしては口の中を少数精鋭にするということですね。

そして歯を抜く以外の方法もありますと書きました。

 

今回は歯を抜く以外の方法でスペースを作る方法について書きたいと思います。

 

ひとつは歯を少しだけ削る方法です。

歯の両側を削ることで削った分だけスペースが出来ます。

 

そしてもうひとつは矯正用のインプラントを使う方法です!

 

この矯正用インプラントはこの10年で急速に技術が進歩しました。

また安全性に関しても国の認可を得るまでになりました。

この技術によってこれまで不可能だった歯の動かし方も現実的なものになったと言えます。

具体的に申しますと、歯を奥に押し込む方法です。

つまり奥歯の奥のスペースに奥歯を移動させる方法です。

 

この方法によってこれまでは歯を抜かなければならなかった場合でも、抜かずに済むことが非常に多くなりました!

 

もちろん当院でも対応しております。

 

麻布でインプラント矯正をご希望の方はUC矯正歯科クリニック麻布十番までご連絡ください。

トップへ戻る