矯正中の歯みがき粉|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

矯正中の歯みがき粉

投稿日:2018年1月20日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

今回は、矯正治療中に使用していただきたい歯みがき粉のお話です。

 

矯正治療中は、矯正装置が歯に付いているため、歯みがきがしづらいので、むし歯のリスクが上がると言われています。

 

むし歯の原因は、むし歯菌によって出される酸です。

その酸によって歯の成分であるミネラルが溶け出し、歯が弱ってむし歯になってしまうのです。

 

通常、歯を丈夫にするために“フッ素”入りの歯みがき粉は薬局などでも売られています。

しかしながら当院で取り扱っている歯みがき粉は、“フッ素”だけでなく、ミネラルも一緒に入っている歯みがき粉です。

 

 

この歯みがき粉を使用することで、“フッ素”だけ入っている歯みがき粉を使用するよりも、歯が硬く丈夫になったという実験結果も出ています。

 

むし歯にならなければこれからの人生、一生歯医者いらずで過ごせます!

またむし歯で歯を既に治されている方でも、予防のためにも使っていただいたいです。

 

矯正治療中のむし歯対策にも注力しています。港区で矯正歯科をお探しの方は、UC矯正歯科クリニック麻布十番へご連絡ください。成人だけでなく、子ども矯正も承っております。

トップへ戻る