口臭の原因|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

口臭の原因

投稿日:2018年1月27日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

今回は口臭について書いていきたいと思います。

 

口臭は目に見えないので、なかなか自分自身で確認出来ない厄介なものですよね。

しかも他人が気が付いたとしても、なかなか指摘していただく機会も無いですしね。

しかしながら口臭があるかないかは、非常に重大な問題です!

どんなに素敵な方でも口臭がある方の印象は、自然と悪くなってしまいますよね。

 

口臭の原因は主に、歯垢、舌苔、膿の3つです。

そして口臭の原因の8割は口の中にあると言われているので、口の中の環境が良くなれば口臭が大部分が防げることになります。

そして口臭の臭いの元は、細菌です。

この細菌を少なくすることが重要になってきます。

そのために基本となるのは歯磨きということになるのですが、それ以外に唾液の量も重要です。

唾液は口の中の細菌を洗い流す役目もあるので、量が少なかったり、口の中が乾燥していたりすると口臭が強くなります。

口の中が乾燥しやすい原因としては口元の突出があります。

口元が突出していると、唇が閉じにくいために口の中は乾燥しやすくなっています。

口元の突出を改善するための最も理想的な方法は矯正治療です。

これまでの治療例も数多く掲載しております。港区で矯正歯科をお探しの方はUC矯正歯科クリニック麻布十番へご連絡ください。初診相談、セカンドオピニオンも無料で承っております。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る