口内炎の原因|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

口内炎の原因

投稿日:2017年8月4日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

 

今回は矯正治療中に起きやすいイヤな事として口内炎について書きたいと思います。

 

主な原因としては知られているのは細菌感染、ウイルス感染、アレルギー、全身の病気などですが、矯正治療中に発生する口内炎のほとんどが、原因が良く分かっていないものです。

言われている原因としては

などが考えられています。

この中で矯正治療中に起こりやすいのが、矯正装置がぶつかって傷が出来てしまったり、歯磨きの状況が悪くて出来てしまったりすることが多いです。

 

それなので矯正治療中の口内炎の予防法としては、最も重要なのが歯磨きになります!

 

それは口の中の清掃状況を良くするということだけでなく、上手に歯磨きが出来ないと、逆に歯ぐきなどを傷つけてしまい、口内炎の原因にもなってしまいます。

 矯正治療中の歯磨きはそういった意味でも上手になっていただきたいです!

麻布十番で矯正歯科治療をご検討の方はUC矯正歯科クリニック麻布十番へご連絡ください。矯正治療中の歯磨きの指導についても積極的に行っています。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る