歯を抜く理由|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

歯を抜く理由

投稿日:2017年8月19日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

 

前回、8020運動とその達成率について。矯正治療では歯を抜かれてしまうイメージがあって、それには深い理由があるというところでまで書かせていただきました。

そこでまず今回は歯を抜かなければならない理由について述べたいと思います。

 

矯正治療の大きな目標は歯がキレイに並ぶこと。良く咬めること。口元が収まることではないかと思います。

加えて出来るだけ健康な歯を健康な状態で長い期間使えるようにするといったことも目標としてあります。

そして歯並びが悪い方の多くは、歯をキレイに並べるためのスペースが無いのです。

 

そもそも歯というものは口の中で見えている部分が全てではありません。

歯ぐきに歯の根が埋まっているのです。

そして歯ぐきはアゴの骨を覆っているので、歯はアゴの骨に埋まっています。

 

歯並びが悪い方の多くは、そのアゴの骨と歯の本数のバランスが悪いのです!

 

それなのでバランスを整えるためには骨を大きくするか、歯を少なくするかのどちらかの選択になります。

成人で骨を大きくするには、多くの場合手術が必要なので、現実的に歯を抜くという選択にならざるを得ないのです。

 

しかしながら歯を抜く選択も近年の技術革新によって抜かずに済むことも多くなっています。その事についてもいずれ述べさせていただきたいと思います。

 

次回は歯を抜いても歯が残る理由について述べていきたいと思います。

 

歯を抜かれてしまったと後悔するような治療は致しません。麻布で矯正治療をお考えの方は、経験豊富なUC矯正歯科クリニック麻布十番までご連絡くださいますようお願い申し上げます。無料相談だけでなく、セカンドオピニオンも承っております。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る