インプラント矯正用の器械|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

インプラント矯正用の器械

投稿日:2017年8月29日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

 

前回インプラント矯正は痛みもなく、治療も早く進むし、抜歯も減ったと述べました。

今後はインプラントの植立方法、使用方法、管理方法について述べたいと思います。

 

まずはインプラントの植立方法についてです。

 

植立方法としてはまず歯ぐきに表面麻酔の薬を塗り、表面がしびれてきてから注射で麻酔薬を注入していきます。

その際の麻酔薬の量はむし歯治療の1/4~1/2程度の少量で問題ありません。

 

そういった意味でもむし歯の治療よりも痛みは少ないんです!

 

そして麻酔された部位にいよいよインプラントを植立していくわけですが、当院では専用の器械(オルソニア)を用意しています。


日本矯正歯科学会のガイドラインにも矯正用インプラントを植立する際には専用の器材を使用することが推奨されています。

このオルソニアはそれらの条件を満たした器械です。そのため考えられるリスクを軽減することが可能となっています!

 

 

安心安全なインプラント矯正について詳しく知りたい方は、麻布でインプラント矯正対応可能なUC矯正歯科クリニック麻布十番に是非ともご連絡ください。

トップへ戻る