矯正治療中の歯の痛み|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

矯正治療中の歯の痛み

投稿日:2017年9月9日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

 

今回は矯正治療の際に多くの方が気にされる歯の痛みについて述べたいと思います。

 

矯正治療に対して皆さんが抱いているイメージで多いのが、見た目が気になるとか、痛そうとか料金が高そうといったものがやはり多い印象があります。

 

その中で歯の痛みについてですが、多くの方が歯の痛みというと、むし歯を削った時の痛みだとか、冷たいものを食べた時に感じる知覚過敏とかの痛みをイメージしている方が多いかと思いますが、

 

実際は違います!

 

歯には刺激を感じる所が2か所あって、ひとつは歯の中にある神経と、もうひとつは歯の根っこの周囲を取り囲んでいる歯根膜です。

 

人の体は通常刺激が加わると、それに合った感覚を感じます。

熱いものに触ったら熱い!と感じるし、冷たいものに触ったら冷たい!と感じます。

 

しかし歯の神経はちょっと変わっていて、熱いのも冷たいのも全部 “痛い!!” と感じてしまうのです。

 

矯正治療で感じる痛みは歯の神経で感じる痛みでは無いので、普段あまり感じない痛みとなります。

 

それでは一体どんな痛みなのでしょうか?

 

続きはまた次回にさせてください。

麻布で矯正歯科をお探しの方はUC矯正歯科クリニック麻布十番へご連絡ください。ご相談は無料です。

トップへ戻る