矯正治療の検査(CT)|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

矯正治療の検査(CT)

投稿日:2017年9月6日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

前回矯正治療をする上ではセファロが非常に重要だということを述べました。

 

今回はその続きです。

 

当院では矯正治療の分析や治療後の結果を評価するためにセファロだけでなく歯科用CTも導入しています。

CTは近年一般化してきました、撮影対象を断層撮影し画像処理することで3次元画像に出来る装置です。

このCTが開発されるまでは、2次元の画像で3次元のものを想像することしか出来ませんでした。もちろん2次元で分かることも非常に多いのですが、3次元画像の良いところは、疑わしいところの評価が出来ることです。

もし腫瘍やのう胞など悪いところがあれば、2次元の画像でも評価は比較的しやすいです。

しかしながら2次元の画像で疑わしい部位は、実際に見てみないと分からなかったり、時間をおいて様子をみて問題なければそのままだし、悪くなってから改めて分かったりといったことが多々ありました。

 

そういった問題がCTの登場によって疑わしいものについても検査が出来るようになり、早期発見早期治療が実現するようになりました。

 

3次元検査による矯正治療を麻布でご希望の方はUC矯正歯科クリニック麻布十番へご連絡ください。無料相談だけでなく、セカンドオピニオンも承っております。

トップへ戻る