食事の注意|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

食事の注意

投稿日:2017年9月26日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

今回は食事中に気を付けていただきたいことについて書いていきます。

 

まず矯正装置には患者自身で取り外しの出来るものと出来ないものの2種類あります。

 

そのなかで取り外しの出来るものを使って治している方は、今回はお休みで大丈夫です!

 

逆に取り外しの出来ない固定式の矯正装置を使っている方々、もしくは矯正治療をお考え中の成人の方には是非とも知っておいていただきたいです!

 

固定式の矯正装置を付けていると、食事中、ものすごく食べ物が挟まります!

それでいてそれを舌や指で取ろうとすると口内炎の原因となったり、装置を外してしまったり、歪ませてしまったりと、問題が起きます。

 

それなので、食事中に挟まったものは、食事しながら取ろうと思わないでください!

 

そして食事が終わった後、鏡の前で確認しつつ、歯磨きをしていただくなり、難しい場合には口をゆすいでいただいたりして対応してみてください。

 

食事中は少しリスのように口の中に食べ物が残ってしまいますが…外食などで気になる方はこまめに席を立っていただくのがよろしいかと思います!

 

これまで数多くの治療経験のある矯正専門医が常勤しているUC矯正歯科クリニック麻布十番は新設のクリニックにも関わらず港区の矯正歯科として近隣の区だけでなく東京都以外の方々もご来院いただいております。無料でご相談も承っております。どうぞお気楽にご連絡ください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る