歯ぎしり|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

歯ぎしり

投稿日:2018年1月12日

カテゴリ:院長ブログ

ホームページをご覧の皆様こんにちは。院長の内田です。

今回は歯ぎしりついて書いていきたいと思います。

 

ご覧の方で寝ている間、歯ぎしり予防のためにマウスピースを使用していらっしゃる方もおられるかと思います。

 

歯ぎしり予防のためのマウスピースの主な目的は、歯が削れてしまわないようにすることと、顎の関節に痛みが出ないようにすることです。

 

そしてそのような方々が気にされるのが、矯正治療中に歯ぎしり用のマウスピースが使えなくなることです。

 

そういった方々に私がお伝えするのは、安心してください!

ということです。

 

矯正治療中の特徴として歯が動揺することが挙げられます。

これは歯が動いている過程で、矯正治療後には元通り動揺は無くなります。

 

この動揺がポイントで、矯正治療中にマウスピースを使用しなくても、歯ぎしりをした際、歯が動揺してくれることによって歯が削れるのを防いでくれるのです。

地震対策で例えると免震といったところでしょうか。

 

また統計的には矯正治療を行うことで顎の痛みも快方に向かうという調査もあります。

 

歯ぎしりでお悩みの方も、港区の矯正歯科、UC矯正歯科クリニック麻布十番へご連絡ください。初診相談、セカンドオピニオンも無料で承っております。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る