矯正治療中の歯磨きについて|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

矯正治療中の歯磨きについて

投稿日:2017年8月31日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちはUC矯正歯科クリニック麻布十番です(^^)

 

日頃から一生懸命歯磨きをしているのに虫歯になってしまったり歯茎が腫れてしまうという方もいると思います。

そのようになってしまう理由はおそらく正しく磨けていない可能性があると思います。

まずお近くの歯科医院で現状を診てもらい正しいブラッシングの仕方を指導してもらうとよいでしょう。(当院でもブラッシング指導しております)

 

自分ではきちんと磨いているつもりでも、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、歯の裏側、一番奥の歯、親知らず付近など…意外と磨けていないことが多いです。

また、お使いの歯ブラシに問題があることもあります。

口腔内に対してとても大きい歯ブラシを使ったり、同じ歯ブラシを1年間使っていたり…

(歯ブラシは毛先が開いていたら磨けません!1ヶ月に1回は取り替えましょう!)

 

また人によって歯並びが違うので自分の歯並びに合った正しいブラッシング方法を身につけることが大切です。

 

特に矯正治療中はブラケットやワイヤーなど、矯正装置が歯に装着されるため、普通以上に注意が必要です。

装置に食べかすが挟まったり、汚れが溜まるので磨くのにとても時間がかかります。

きちんと歯ブラシをしないと虫歯になる可能性が高いので、できれば毎食後、時間がなければ少なくとも夜、就寝前だけでも時間をかけて丁寧にブラッシングしてください。

 

最初は時間がかかり大変だと思いますが、日を重ねるごとに慣れていき自然と身につくので頑張ってください!!

 

矯正治療中におすすめの歯ブラシはこちら

丁寧にブラッシング指導致します!歯列矯正を麻布十番でお探しの方はぜひUC矯正歯科クリニック麻布十番までお問い合わせください!

トップへ戻る