上の前歯のプチ矯正の治療例(20代女性 治療期間3ヶ月)|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

上の前歯のプチ矯正の治療例(20代女性 治療期間3ヶ月)

上の前歯の部分矯正の治療例(Before&After)と解説

前歯の部分矯正(裏側矯正)の矯正治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 3ヶ月
抜歯 なし
治療費 15万円
備考 金属アレルギー、IPR、可撤式リテーナー

20代の女性です。前歯が重なってしまっていることを気にされて来院されました。検査の結果、アゴの骨に対して前歯の収まるスペースが無かったために、重なり合い、突出してしまうことが分かりました。そこで歯と歯の間を少しだけ削ることで(IPR)歯の大きさを小さくして、アゴの骨の大きさとの不調和を改善することにしました。

また患者様は金属アレルギーをお持ちでした。そこで金属アレルギーの方でも使用できる矯正装置を選択し治療を開始しました。患者様は医療従事者だったこともあり、治療に対して充分ご理解いただいていたので、治療中の痛みや、煩わしさに関しても、問題なく対応していただいたようでした。

治療後は前歯の歯並びだけでなく、突出していた左上の前歯が後方に下がったため、唇も閉じやすくなり、横顔も前よりすっきりしたと、好評をいただきました。

治療後の保定に関しては、咬み合わせが少し深い方だったので、固定式の保定装置を使用してしまうと、保定装置が下の前歯とぶつかってしまいます。そこで取り外しの出来る保定装置(可撤式リテーナー)を選択しました。

トップへ戻る