交叉咬合鋏状咬合の矯正治療例(10代女性 治療期間1年10ヶ月)|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

交叉咬合鋏状咬合の矯正治療例(10代女性 治療期間1年10ヶ月)

交叉咬合鋏状咬合の治療例(Before&After)と解説

交叉咬合鋏状咬合の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 1年10ヶ月
抜歯 親知らず
治療費 80万円
備考 交叉咬合、顎間ゴム

10代の女性です。奥歯でよく咬めないことを気にされて来院されました。本来咬み合わせは上の歯が下の歯を覆うような形が正常です。患者さんは左側の奥歯が逆になってしまっていました(交叉咬合)。また上下の歯の真ん中も歯が1本分ズレてしまっていました。

原因は上の歯並びと下の歯並びがそれぞれ単体では整っているのですが、上下2つではバランスが悪いためでした。治療はそれぞれの歯並びを少しずつお互いに歩み寄らせる形でバランスをとることにしました。治療にあたっては患者さんに上の歯と下の歯の間でゴム(顎間ゴム)をご自身でかけて頂くことが必要でした。

ゴムの使用は煩わしい事だと思っていますが、矯正治療を無事終えるためには必須であることを説得し、患者さんも納得し指示通り使って頂けました。治療後はきれいな歯並び、良好な咬み合わせになりました。それによって今度は右上の黒ずんでしまっていた歯の色が気になりだしたようでした。

トップへ戻る