過蓋咬合の矯正治療例(20代女性 治療期間4年4ヶ月)|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

過蓋咬合の矯正治療例(20代女性 治療期間4年4ヶ月)

過蓋咬合(咬み合わせが深い)の治療例(Before&After)と解説

過蓋咬合の治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 4年4ヶ月(7ヶ月休止)
抜歯 上の左右1本ずつ
治療費 80万円
備考 通院拒否

大学生の女性です。前歯のかみ合わせが悪いことが気にされて来院されました。このような咬み合わせの方は一見歯並びが悪いように見えないので、矯正治療が必要ないと思ってらっしゃる方が多いですが、上の前歯で下の前歯が見えない咬み合わせは、アゴの動きを制限するため顎関節症のリスクが高まると言われています。

分析の結果、このまま歯を抜かずに歯を並べると出っ歯になってしまうので、上の歯を左右で1本ずつ抜いて治療を行うことにしました。治療中、患者さんは装置が目立ってしまうということで気にされて矯正装置を裏側のものに変更したいとの希望もありました。

そして長期間来院されない時期もありましたが、来院時このまま治療を終えなければ当初の咬み合わせよりも悪い咬み合わせになってしまうこと、これから改めて治療を再開すれば正しい咬み合わせにすることが出来るとことを説得し、通院を再開して頂きました。

治療後は約束通りきれいな歯並び、良好な咬み合わせにすることが出来ました。

トップへ戻る