過蓋咬合の矯正治療例(10代女性 治療期間3年2ヶ月)|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

過蓋咬合の矯正治療例(10代女性 治療期間3年2ヶ月)

過蓋咬合(咬み合わせが深い)の治療例(Before&After)と解説

過蓋咬合の治療例

過蓋咬合の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 3年2ヶ月
抜歯 上の左右1本ずつ
治療費 80万円
備考 成長方向のコントロール

中学生の女子です。口元が前に出ていることを気にされて来院されました。状況としては上の前歯が下の前歯を深く覆ってしまっていて、下の前歯が見えないのと、上の前歯が前方に突出している、いわゆる出っ歯です。つまり上下の前歯が前後的にも垂直的にもギャップが見られるケースです。分析の結果、上の左右の歯を1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。

また成長期ということもあり、成長を予測し成長方向をコントロールする治療計画にしました。治療後はきれいな歯並び、良好な咬み合わせにすることが出来ました。気になっていた口元の突出感も見違えるほど改善しました。

トップへ戻る