すきっ歯の部分矯正の治療例(20代女性 治療期間6ヶ月)|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い(※スタッフ全員コロナワクチンの接種済み)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

すきっ歯の部分矯正の治療例(20代女性 治療期間6ヶ月)

すきっ歯の部分矯正の治療例(Before&After)と解説

上の前歯の部分矯正の治療例(20代女性 治療期間6ヶ月)

年齢・性別 20代女性
治療期間 6ヶ月
抜歯 なし
治療費 21万円(税込)
備考 部分矯正、IPR、正中離開、上唇小帯高位付着。

20代の女性です。前歯の隙間を気にされて来院されました。検査の結果、隙間の原因は上唇小帯が高位に付着し裏側まで伸びていること、また舌の悪習癖によるものだと分かりました。そこで上唇小帯の切除術、および舌癖のトレーニングが必要な旨をお伝えし、矯正装置を装着することで改善を図ることにしました。

手術の結果、歯と歯の間の隙間は閉じましたが、歯茎に付近にブラックトライアングルと呼ばれる空隙が残ってしまいました。そこでIPRを行なうことで歯の形態を修正し、空隙を埋めました。結果的に正中部の隙間は改善し、患者様においては非常に満足していただけました。矯正治療後の保定装置は咬み合わせの関係上、取り外しの出来るものを選択しました。

トップへ戻る