八重歯・叢生の矯正治療例(30代男性 治療期間3年9ヶ月)|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

八重歯・叢生の矯正治療例(30代男性 治療期間3年9ヶ月)

八重歯・叢生(デコボコの歯列)の治療例(Before&After)と解説

八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 30代男性
治療期間 3年9ヶ月
抜歯 左上1本、下の奥歯を左右1本ずつ
治療費 80万円
備考 奥歯の根吸収、親知らずの使用

30代男性です。他のクリニックで下の奥歯が親知らずによって根っこが溶かされてしまっているということで来院されました。分析の結果、はえている下の一番奥の歯の根っこが骨の中に埋まっている親知らずによって根っこの半分近く溶かされて吸収されていました。また右上の歯は幼少期に他のクリニックで抜かれていました。治療方針として、根っこが吸収している奥歯を抜き、代わりに根吸収の原因となった親知らずを矯正治療で移動させ、上の歯と咬ませることにしました。通常奥歯を大きく移動するには時間がかかることも説明させていただき、了承の上で治療を開始しました。このような状況で、もし矯正治療を行わない選択をしていたら、将来的には奥歯が全て無くなってしまい、早い段階で入れ歯となってしまっていたことでしょう。しかしながら患者さんの協力もあり、治療後は良好な咬み合わせ、歯並びにすることが出来ました。

トップへ戻る