出っ歯の矯正治療例(20代男性 治療期間2年)|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

出っ歯の矯正治療例(20代男性 治療期間2年)

出っ歯(上顎前突)の治療例(Before&After)と解説

出っ歯の治療例

出っ歯の治療例

年齢・性別 20代男性
治療期間 2年
抜歯 上の左右1本ずつ 
治療費 110万円
備考 遠方からの来院。顎関節症。インプラント矯正

20代の男性です。出っ歯と歯並びが悪いことを気にされて福島県からご来院されました。それ以外にも症状として顎の関節に痛みがあり、大きく口が開けられないとのことでした。分析の結果、上の前歯が前方に傾斜していることが分かりました。また顔の形態として非常にエラが張っており、咬む力が非常に強いことも分かりました。

そのような特徴のある方は、歯の移動が遅く、治療期間が長くなる傾向にあります。治療方針として上の歯を左右1本ずつ抜き、矯正用のインプラントを使用することで改善を図りました。福島県からの通院ということで患者様にとっては非常に大変であったと思いますが、非常に真面目に通っていただけました。また治療の途中から仙台市へ転勤され、さらに遠方から通院していただくことになってしまいましたが、それでも変わらずにご来院くださいました。

治療後は口元の突出感も無くなり、出っ歯と歯並びの悪さも改善しました。また、顎関節の痛みも和らぎ、大きな口を開けられるようにもなりました。審美的にも機能的にも著しく改善したため、患者様には非常に感謝していただきました。

トップへ戻る