八重歯・叢生の矯正治療例(20代女性 治療期間1年9ヶ月)|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

八重歯・叢生の矯正治療例(20代女性 治療期間1年9ヶ月)

八重歯・叢生(デコボコの歯列)の治療例(Before&After)と解説

八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 1年9ヶ月
抜歯 上下左右1本ずつ
治療費 80万円
備考 インプラント矯正

20代女性です。前歯が奥に入ってしまっていることを気にされて来院されました。分析の結果、上下左右の歯を1本ずつ抜かせて頂いて矯正治療を行うことにしました。治療方針として過去にむし歯治療で数本銀歯が入っていたので、抜かせて頂く歯は出来るだけ銀歯にして、治療していない健全な歯を残していくことにしました。

そのために左上には1本矯正用のネジを歯ぐきに植立させて頂きました(インプラント矯正)。残念ながら右上の奥歯は代わりとなる歯が無かったために銀歯ではありましたがそのまま利用しました。また銀歯の周囲にむし歯が出来ていたので、矯正治療開始前に、再度むし歯治療をして頂きました。

治療を開始してから1年4ヶ月程過ぎた頃ご結婚され、結婚式までに矯正治療を終了したいとの要望がありました。その時点では矯正治療が結婚式までにきちんと終了出来るかは、五分五分の状況でした。しかしながら理想的に治療が進めば無理では無いことも分かっていたので、患者さんには協力さえしっかりして頂ければ間に合わせることが出来ると伝えました。

そこからこれまで以上に厳密に来院、矯正装置の管理をして頂くことで無事、結婚式の3日前に矯正装置を外すことが出来ました。治療は患者さんの協力もあり良好な歯並び、咬み合わせにすることが出来ました。また結婚式も滞りなく執り行えたとの嬉しい報告もありました。

トップへ戻る