前歯のプチ矯正の治療例(20代女性 治療期間3ヶ月)|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

前歯のプチ矯正の治療例(20代女性 治療期間3ヶ月)

前歯の部分矯正(上下顎)の治療例(Before&After)と解説

前歯の部分矯正(裏側矯正)の矯正治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 3ヶ月
抜歯 なし
治療費 25万円
備考 裏側部分矯正、IPR、マウスピース矯正の中断

20代の女性です。他院にてマウスピース矯正をしていたのですが、途中で辞めてしまったとのことでした。しかしながら歯並びを治してほしいとのことで来院されました。そのため、初診時にはマウスピース矯正の際に使用したアタッチメントと呼ばれる突起物が歯の表面に付いたままの状態でした。

患者様はマウスピース矯正ではマウスピースを自分で外してしまうこと。着脱の際、痛みが強いこと。また矯正装置が目立ってしまうのも気にされていました。そこで裏側から部分的にワイヤー矯正を行うことにしました。

マウスピース矯正では歯を治す際に、歯を引っ張り出す動かし方が難しいのですが、ワイヤー矯正を行うことで、前歯の切端のズレも改善することが出来ました。

またそのまま歯を並べてしまうと、前方に突出してしまうので、歯と歯の間をほんの少しだけ削ること(IPR)で、突出感を最小限に留めることが出来ました。

初診時は前歯の隣の歯が内側に入り込んでしまい、左右の対称感も損なわれていましたが、矯正治療によって、左右の対称性も改善されました。また治療後は歯の裏側に固定式のリテーナーを装着し、後戻りを防ぐことにしました。治療前後の歯並びを比べていただくと、治療後の歯並びは、左右対称のアーチ状になっていることがお分かりいただけると思います。

トップへ戻る