下の前歯の裏側部分矯正の治療例(20代女性 治療期間3ヶ月)|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

下の前歯の裏側部分矯正の治療例(20代女性 治療期間3ヶ月)

下の前歯の部分矯正(上下顎)の治療例(Before&After)と解説

前歯の部分矯正(裏側矯正)の矯正治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 3ヶ月
抜歯 なし
治療費 25万円
備考 裏側矯正、IPR、過蓋咬合

20代の女性です。歯並びが悪いことを気にされて来院されました。検査の結果、歯を並べるためのスペースが足りないために、歯並びが乱れてしまっていました。

そこで歯の両サイドを少しだけ削ることで (IPR)、歯をほんの少しだけ小さくして並べる治療計画を立案しました。また矯正装置が見えてしまうことを気にされていたため、矯正装置が目立ちにくい裏側矯正にて治療を行なうことにしました。

下の前歯の裏側矯正の場合、食事や発音の際に矯正装置が舌に当たるため、舌に口内炎が発症することが多いので、その旨を患者様には充分説明をさせていただき、ご理解いただいた上で治療を開始しました。

また患者様の咬み合わせは上の前歯の咬み合わせが深く、下の前歯が見えにくい過蓋咬合を呈していました。そのため、下の歯を前方に移動させる治療方針を取ることが難しく、解決方法として段階的にIPRを施すことで、下の前歯が前方へ移動することを防ぎました。

裏側矯正の場合、治療期間は表側矯正よりも期間が長くなることが多いのですが、歯の移動も短期間で移動し、治療期間もそれほどかからずに治療を終えることが出来ました。

治療後、仕上がりに非常に満足され、上の前歯の治療も希望されましたが、裏側矯正での治療を希望されると奥歯にアタッチメントを装着する必要があり、食事の際食べずらい状況になることを説明させていただくと、再度検討してみたいとのことでした。

トップへ戻る