八重歯・叢生の矯正治療例(30代女性 治療期間2年6ヶ月)|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

八重歯・叢生の矯正治療例(30代女性 治療期間2年6ヶ月)

八重歯・叢生(デコボコの歯列)の治療例(Before&After)と解説

八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 30代女性
治療期間 2年6ヶ月
抜歯 右上1本、左上2本、右下1本、左下2本
治療費 80万円
備考 保存不可能な奥歯

30代の女性です。歯並びが悪いことを気にされて来院されました。右下の被せ物をしてある歯は、歯の神経の治療が不良で抜歯が必要でした。通常その奥歯を抜いてしまうとその部分は入れ歯かブリッジかインプラントかということになります。どれも必要な歯科治療ではありますが、ご自身の歯に比べると性能は落ちます。そこで半分埋まっている右下の親知らずを利用することで奥歯の咬み合わせを治すことにしました。

これも通常であれば半分埋まってしまっているので、歯磨きが難しく、むし歯となり、治療するにも奥過ぎて治療が出来ずにやむを得ず抜歯となる歯ですが、幸運にもまだ抜歯されていなかったので利用することが出来ました。抜いた歯の本数は比較的多かったですが、治療後はきれいな歯並び、良好な咬み合わせとなり、入れ歯等の歯科治療の可能性は、ほぼなくなりました。

トップへ戻る