八重歯・叢生の矯正治療例(20代女性 治療期間4年10ヶ月)|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

八重歯・叢生の矯正治療例(20代女性 治療期間4年10ヶ月)

八重歯・叢生(デコボコの歯列)の治療例(Before&After)と解説

八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 4年10ヶ月
抜歯 上下左右1本ずつ
治療費 80万円
備考 舌の悪いクセ

20代女性です。前歯の歯並びが悪いことを気にされて来院されました。分析の結果、骨の大きさと歯の本数のバランスが悪いことが分かりました。また機能的な問題として、飲み込む際に舌を上の歯と下の歯の間に押し込むクセがおありでした。治療方針として上下左右1本ずつ歯を抜かせていただくことと、舌のトレーニング(MFT)が必要だと説明しました。

矯正治療で難しいケースのひとつは今回のように舌のクセをお持ちの方です。歯は矯正装置によって移動させることが出来ますが、舌はご自身で気を付けていただく他はありません。我々は診療の際に舌の動かし方が悪い時には注意出来ますし、トレーニング方法もお伝え出来るのですが、実際にそれらのトレーニングを実践していただくのは患者さん本人となります。今回もなかなか舌の動かし方を改善することが出来ずに治療期間が延びてしまいました。

しかしながら治療後は良好な咬み合わせ、歯並びにすることが出来ました。また舌のトレーニングをしっかり行なったことで、矯正治療後の歯並びや咬み合わせの安定にもつながります。

トップへ戻る