八重歯・叢生の矯正治療例(30代男性 治療期間1年10ヶ月)|東京都港区麻布の矯正歯科認定医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

八重歯・叢生の矯正治療例(30代男性 治療期間1年10ヶ月)

八重歯・叢生(デコボコの歯列)の治療例(Before&After)と解説

八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 30代男性
治療期間 1年10ヶ月
抜歯 上下左右1本ずつ
治療費 80万円
備考 右上前歯の歯ぐきの高さが不一致

30代男性です。歯並びが悪いことを気にされて来院されました。分析の結果、骨の大きさと歯の本数のバランスが悪いことが分かりました。また右上の前歯に被せ物がしてあり、切端が合うように治されているために、歯ぐきの高さが不一致となり、左右のバランスは崩れていました。そこで治療方針として上下左右の歯を1本ずつ抜かせていただき、骨の大きさと歯の本数のバランスの悪さを解消し、被せ物の前歯は矯正治療後に新たに被せ直しをすることにして、矯正治療で歯ぐきの高さを整え、新たな被せ物で切端を合わせることにしました。 治療後は良好な咬み合わせとなり、当初の予定通り、被せ物のしてある右上前歯の歯ぐきは左上の前歯と高さは揃いました。その後右上の前歯を被せ治すことで前歯もより審美的にすることが出来ました。

トップへ戻る