すきっ歯の矯正治療例(10代男性 治療期間6ヶ月)|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

すきっ歯の矯正治療例(10代男性 治療期間6ヶ月)

すきっ歯(空隙歯列)の治療例(Before&After)と解説

すきっ歯の治療例

年齢・性別 10代男性
治療期間 6ヶ月
抜歯 なし
治療費 40万円
備考 インビザライン®矯正(マウスピース型矯正歯科装置)

大学生の男性です。前歯の隙間を気にされて来院されました。矯正治療は取り外しの出来る矯正装置(インビザライン®)を使用して行いました。上顎はすきっ歯状態で、下顎は軽度の叢生(でこぼこ)状態でした。診断の結果、かみ合わせに異常はなかったので、多少のIPRとマウスピース矯正で治していきました。治療期間は6ヶ月とスムーズに治りました。上顎のすきっ歯状態の前歯において、右の前歯側に詰めると正中(歯列の真ん中のライン)が大きくずれてしまうので、左の前歯に詰める形で治しました。下顎の歯の真ん中と上顎の歯の真ん中のラインが縦にまっすぐ揃っているのがおわかりいただけると思います。

トップへ戻る