八重歯・叢生の矯正治療例(中学生女子 治療期間1年11ヶ月)|東京都港区麻布の矯正歯科専門医|UC矯正歯科クリニック麻布十番

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

八重歯・叢生の矯正治療例(中学生女子 治療期間1年11ヶ月)

八重歯・叢生(デコボコの歯列)の治療例(Before&After)と解説

八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 中学生女子
治療期間 1年11ヶ月
抜歯 上下左右1本ずつ
治療費 80万円
備考 犬歯の埋伏、隣の歯根吸収

中学生の女子です。右上の大人の糸切り歯(犬歯)が生えてこないことが気になって来院されました。検査をすると右上に現在はえているのは子どもの歯で、大人の犬歯は骨の中に埋まっていました。しかも隣の奥歯の根っこを溶かしてしまっていました(歯根吸収)。犬歯は全ての歯の中で最も根っこが長く、最後まで口の中に残る歯だと言われています。

そのためもしこちらの患者さんが矯正治療を選択されていなければ、埋まっている犬歯を抜歯され、根っこが溶けてしまった歯を使って今後生活しなければなりません。もちろん根っこが溶けてしまっているわけですから、自然と抜けてしまう時期が早いことが想像されます。そこで根っこの溶けてしまった歯を抜歯し、埋まっている犬歯を引っ張り出してくることにしました。

根っこが溶けてしまった歯以外にも歯を抜きましたが、この歯並び、この咬み合わせにすることで、こちらの患者さんは一生ご自身の歯だけで食事が出来るようになったと思います。

トップへ戻る