八重歯・叢生の矯正治療例(20代女性 治療期間1年2ヶ月)|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

八重歯・叢生の矯正治療例(20代女性 治療期間1年2ヶ月)

八重歯・叢生(デコボコの歯列)の治療例(Before&After)と解説

八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 1年2ヶ月
抜歯 なし
治療費 80万円
備考 舌の悪習癖、MFT、顎間ゴム、保定装置

20代の女性です。以前から前歯の歯並びが悪いことを気にされて来院されました。分析の結果、形態的に大きな問題は無かったものの、機能的な問題として舌の動かし方に悪いクセ(悪習癖)がありました。このような舌のクセがある場合の多くが前歯が噛み合わなかったり、下の歯が前方に出てしまい、しゃくれた状態になります。

この患者様の場合、そのような状況ではありませんでしたが、通常、矯正装置を付ける事で歯が動きやすい状況となり、歯に治す力が加わりやすいのと同様に、悪い力も加わりやすくなってしまいます。

この患者様も矯正治療を始めることで、舌の悪いクセによる力が加わり、治療中は上下の前歯が開いてしまい、噛めない状況になりました。そのため舌の動かし方のトレーニング(MFT)と上下の前歯が噛むように患者様にゴム(顎間ゴム)を使用していただき、最終的には前歯が噛むように仕上げました。

しかしながら舌の悪いクセは起きている間は意識的に防げますが、就寝中に防ぐことは難しいのです。そのため舌の悪いクセをお持ちの方は、矯正治療後の後戻りがしやすい傾向にあります。それを防ぐために今回は就寝中に使用する特別な保定装置を使用することで、矯正治療の後戻りを防ぐことにしました。

トップへ戻る