上の前歯の部分矯正の治療例(20代女性 治療期間6ヶ月)|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

上の前歯の部分矯正の治療例(20代女性 治療期間6ヶ月)

上の前歯の部分矯正の治療例(Before&After)と解説

上の前歯の部分矯正の治療例(20代女性 治療期間6ヶ月)

年齢・性別 20代女性
治療期間 6ヶ月
抜歯 なし
治療費 20万円
備考 部分矯正、IPR、クロスバイト(交叉咬合)

20代の女性です。前歯の歯並びが悪いことを気にされて来院されました。検査の結果、歯を並べるためのスペースが足りない事、右上の正中から3番目の歯(犬歯)が上下逆の咬み合わせ(クロスバイト)になっていることが分かりました。そこで右上に通常の部分矯正よりも多く矯正装置を装着することで改善を図ることにしました。またIPRを行ない、歯の大きさを少しだけ小さくすることにしました。右上の犬歯が正常になるまでは下の歯との干渉があり、患者様にはご不便もあったかと思いますが、矯正装置を何度か付け直しを行なう事で効率的に移動させることが出来ました。今回の部分矯正では下の歯の治療を望まれなったこともあり、矯正治療後の保定装置は取り外しの出来るものを選択しました。

トップへ戻る