下の前歯のプチ矯正の治療例(30代女性 治療期間4ヶ月)|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

下の前歯のプチ矯正の治療例(30代女性 治療期間4ヶ月)

下の前歯の部分矯正(上下顎)の治療例(Before&After)と解説

前歯の部分矯正(裏側矯正)の矯正治療例

年齢・性別 30代女性
治療期間 4ヶ月
抜歯 なし
治療費 15万円
備考 IPR、舌小帯短縮症、MFT

30代の女性です。見た目が良くないことと、歯磨きがしにくいとのことで来院されました。検査の結果、歯を並べるためのスペースが足りないために、歯並びが乱れてしまっていました。そこで歯の両サイドを少しだけ削ることで、歯を少しだけ小さくして並べることにしました。

また、患者様は舌の裏側にあるスジ状のもの(舌小帯)が短い、舌小帯短縮症という状態になっていました。この症状をお持ちの方は、多くの場合舌の動きに制限が出るため、発音・滑舌が悪かったり、歯並びにとっても悪影響が出ることが知られています。そのため舌小帯を切除することが多いのですが、その際にあらかじめ舌の動かし方や良いポジション、舌運動のトレーニングなど(MFT)を行うことが重要です。それを怠ると手術後に後戻りが起きてしまい、舌小帯を再度切除しなければならない状況になることもあります。

治療開始当初は歯の痛みを強く感じられたようで、寝付けないようなこともあったようですが、歯の移動はスムーズに動き、短期間で歯並びの改善がみられました。治療後はこれまでのコンプレックスも解消し、非常に満足されていました。

トップへ戻る