反対咬合の矯正治療例(10代女性 治療期間1年3ヶ月)|UC矯正歯科クリニック麻布十番(東京港区)

東京歯科大学矯正歯科 臨床講師

矯正歯科 指導医 認定医

マウスピース矯正

東京都港区麻布十番1-5-19 ラトリエ・メモワールビル3階

お問い合わせ・ご相談

大人も子供も、矯正治療無料相談実施中

03-3408-5079

反対咬合の矯正治療例(10代女性 治療期間1年3ヶ月)

反対咬合(下顎前突)の治療例(Before&After)と解説

反対咬合の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 1年3ヶ月
抜歯 親知らずのみ抜歯
治療費 80万円
備考 インプラント矯正

大学生の女性です。咬み合わせが悪いことを気にされて来院されました。分析の結果、前歯の反対咬合は、前歯が干渉することによって生じたものであり、本来は骨格的な問題が無いことが分かりました。また、下の前歯を並べるための下アゴの骨が非常に薄く、下の前歯を並べる際の角度には細心の注意が必要であることが分かりました

そこで治療方針として下の埋伏している親知らずを抜き、その抜いたスペースへ下の歯列全体を後方移動させることにしました。その際に下アゴの左右に矯正用インプラントアンカーを植立することにしました。

治療中はインプラントアンカーが脱離することもなく、順調に下の歯列を後方移動させることが出来ました。治療の結果、前歯の反対咬合が改善し、上下正中のズレも解消しました。治療期間も1年3ヶ月と比較的短期間で終了出来たため、患者様も非常に喜ばれていました。

トップへ戻る